メンタルのチェック

ストレスチェックの歴史についてご紹介したいと思います。

ストレスチェックの歴史ですが、1番最初に始まったのはアメリカで1970年代のベトナム戦争で兵士たちに対してストレスチェックが行われたと言うのが始まりだと言われています。その後アメリカの企業では、メンタルヘルスの重要性が増してきたため多くの企業で取り組まれてきたという歴史があります。日本においても、バブル崩壊後は、非常にメンタル疾患などで仕事やめるなど人が増えてきたことが社会問題になったことで、ストレスチェックを会社内で行うと言う歴史が始まりました。現在では、大企業ばかりではなく中小企業もストレスチェックを半年に1回はやるように取り組まれて来ています。

今後の動向についてご紹介したいと思います。

ストレスチェックは、その人が抱えているストレスや、疲労具合を端的に表すことができるとても良い指標の1つです。これからの動向としては、そのストレスチェックを下に、医者や臨床心理士のカウンセリングなどにつなげると言う動向があります。ただ単にストレスチェックをして、自分の疲れている状態を把握するだけではなく、積極的に自分からそのストレスを解消する方法などを、医者や臨床心理士などに相談すると言う流れができていくというのが今後の動向だと思われます。今までは、臨床心理士や、精神科や精神内科などの医者というのは、非常に身近ではないと言う風潮があったのですが、これからはもっと気軽に身近にストレスチェックをした後に、臨床心理士のカウンセリングを受けるというのが多くなるというのが今後のどこだと思われます。