共有ソフトの有効活用

情報共有ソフトを導入している企業が増えています

スケジュール管理ソフトを導入するとWEBを使用できる環境であれば、社員同士でスケジュールを参照することが可能なので、非常に便利に使用することができます。特に電話応対や接客応対の際、担当社員の状況を把握するためには欠かせないものになっています。担当社員を探しにいったり、呼びに行ったりといった行為を省くことができるからです。担当者が外出している時は、電話や来客の情報をコメント入力することも可能なので、フォロー対応の負担も大きく軽減できます。

権限付与で共有範囲を設定できます

情報共有ソフトは情報を共有するメンバに制限をかけることも可能です。例えば社長や重役のスケジュールについては、一般社員には公開しないといったことも可能になります。また、同一部署内に限定して情報を共有するといったことも可能です。このような情報共有に権限を付与することで、バリエーションを持たせられるため、ニーズにあった活用ができ導入企業が増えているのです。情報共有ソフトは非常に便利になっている反面、情報の漏えいなどには注意しなければなりません。そういった意味でも、重要な情報については、共有範囲に制限を設けることにより、共有すべき社員には情報を開示し、共有すべきではない社員には情報を開示しないといった選択できることも特徴の一つです。