導入と目的

グループウェアの導入とメリット

私は企業のシステム管理者をしています。システムの導入やライセンス管理、ソフトウェアの導入を検討したりしています。半年前に社内の情報共有を目的として、グループウェアを導入しました。社員は500人程度の企業です。イニシャルコストは、300万円弱と非常に低価格で情報共有ツールを導入できました。1年間ランニングコストも200万円弱です。この価格で、情報共有が可能な機能、営業日報の登録、プロジェクト管理、掲示板の掲載といった機能が実装されています。また、通信する際は、SSL通信に対応しており、セキュリティ対応が標準対応されているのが、企業にとって安心できる機能です。現在は、企業にとってセキュリティ対策が必須となっています。この価格で、データベースの充実、セキュリティ対応まで実装されているのが非常にありがたいです。

情報共有ツールとしてグループウェアの導入

現在は低価格化が進み、同じライセンス数で、商品にもよりますが、300万円〜500万円で導入する事が可能となっています。この価格で企業の情報共有の環境整備ができたら、グループウェアを導入する経営者も増える事が予想されます。また、機能的にもクラウド化が実装され、営業マンが営業日報をリアルタイムにデータベースに更新できる等の利用の仕方も可能です。低価格化、クラウド対応等によって企業の情報共有ツールとして、グループウェアの導入が活発になっていくと思います。