panic

メンタルのチェック

日本では、現在でも非常にストレスチェックやメンタルヘルスと言う言葉がもてはやされていますが、この歴史が始まったのはごく最近のことです。また、これはアメリカが発祥です。

詳しく読む

共有ソフトの有効活用

近年、情報共有ソフトを導入する企業が増えました。最も一般的なソフトは社員のスケジュールを共有するスケジュール管理ソフトです。これまでホワイトボードなどを使用していた企業の多くも、情報共有ソフトに切り替えています。

詳しく読む

導入と目的

情報共有を目的にグループウェアを導入する企業は多く、10年ぐらい前は500ライセンスを導入するのに、5000万円程準備しなければいけませんでした。保守費用もライセンス費用の15%かかり750万円ぐらいは必要と言われています。

詳しく読む

簡単に確認

50名を超える社員のストレスチェックを行なっているここならプロが分析するので安心して依頼することができますよ。

手間のかかる作業で困っているならERPパッケージでコストの削減、業務を効率化させませんか?迅速でスムーズな管理を実現しますよ。

Contents

ストレスチェックですが最近では非常に簡単にでき、インターネットなどを利用することで無料で利用することができます。簡単な質問が10から20個程度あり、それに応えることで、現在自分が抱えているストレスを簡単にすることができるとても素晴らしいストレスチェックサイトがたくさんあります。また会社の中には、産業医に依頼して、妻のストレスチェックを行うところもあります。これらの値段の動向ですが、これからもそれほど変化はなく、インターネットは無料で利用できますし、産業医のほうもそれほどお値段が上がる事はないでしょう。

残念ながら、昭和や、平成の初めごろの日本では、あまりメンタルヘルスと言う言葉は利用されて来ず、人間のストレスチェックと言うことも行われて来ませんでした。もちろんストレスという言葉はありましたが働いている上でストレスは当然という考え方がずっとあったのです。その考え方が、変わってきたとかバブル崩壊後です。教職員等を中心にメンタル疾患により休職する人たちが増えてきたのが社会的な問題にもなってきました。これが平成15年頃のことです。その後、国が取り組み始めたことで、メンタル疾患やストレスチェックと言う言葉が非常にマスコミなどにも取り上げられるようになり、会社においても、ストレスチェックを実施して早めに心のストレスを取り除くをと言う取り組みがなされてきました。特に平成20年ごろからは、産業医などもストレスチェックに力を入れてきているという歴史があるのです。

アウトソーシングで依頼できる給与計算代行を利用すれば、業務効率化が飛躍的にアップするから多くの企業に選ばれています。

徹底したサポート力で業務を支えてくれる秘書代行は業務をどこまで請け負ってくれるかで変わります。まずは基本情報を抑えておこう。

オシャレで可愛い文具は通販で購入できますよ。店舗では取り扱われていない珍しい商品もたくさん揃っているから女性に人気です。